アラフォー婚活団。婚活弱者の逆転ブログ

婚活歴5年の39歳。今年の春ようやくスピード婚!婚活負け伝説を放出する婚活ブログ

婚活アプリの初対面でありがちな誤審【ピーターパン中年①】


▼ 読者登録お願いします ▼

婚活アプリで相手を探すならば、初対面を前にあなたに身に着けてほしい能力がある。

 

それは、

沈着冷静な判断能力であります。

婚活アプリ omiai 初対面 アラフォー

 「会ったその日に"付き合いたい!"っていうの~、彼♡」
と一目ぼれを喜んだのも束の間。

男の正体はヤリモク男だった。

 

「彼って慎重派!私を大切にしてくれてる証拠ねえ♡」

と誠実男性の出会いを喜んだのも束の間。

男の正体は同時並行型の男だった。

 

これはアラフォーに限った事ではない!

婚活戦線においてこの手の誤審は日常茶飯事に発生しています!

 

この誤審が防げれば、あなたの大切な時間を婚活不適合者に奪われずにすむ。

 

誤審の根本にあるもの。

 

それは、

相手に対する過剰評価&過剰妄想であります! アラフォー 婚活アプリ omiai 初対面 危険サイン

改めまして、こんばんは。

婚活歴5年で1勝80敗。

負け婚活から一転、
逆転師匠となりましたICHIKAです。

 

 本日お相手は、38歳になってもネバーランドを追い求めてしまう中年。

その名もピーターパン中年です。

 

前回の記事でかる~く触れましたね。

www.ichikablog.work

 

婚活アプリomiaiで見つけた高身長男。印象は??

ピーターパン中年とは一昨年の秋、婚活アプリomiaiで出会った。

当時、よさげな人には一通り足跡をつけいいねを待つという「追跡!いいね戦法」を駆使していたため、当然アクションはピーターパンからだった。
(追跡!いいね戦法については後日解説)

 

婚活アプリomiaiからわかった彼の情報はコレ↓↓

  • あいさつ文は丁寧。「真剣にお付き合いできる方を探しています。」
  • 185cmの高身長
  • 写真はビッグベンを背景に爽やかな笑顔で好印象。ちょい濃いめ顔。
  • 職業はエンジニアとあったが、年収は非公開
  • 実家暮らし(※ここかなり気になるよね)
  • 結婚時期は「いい人がいれば」

ピーターパン中年と5日ほどメッセージをやり取りし、LINE交換へ。

 

いつもなら週末昼間に約束するのだが、珍しく平日仕事終わりで会う事にした。

 

ここで突然ですが、

ICHIKA 本日のムダ吠え

婚活アプリ初心者は「初対面の週末ランチ」を絶対ルールにしよう!

お互いお酒好きだし、平日夜にお酒を飲みながら~♪

なんて、言語道断!!

 

下記、婚活の2大悪の思うつぼだ。

 

アルコールの勢いを利用したいヤリモク男。

週末昼間は動けねえ、不倫欲みなぎる既婚者。

 

以上。

もし間違って遭遇してしまったら「お前にあげる夜はねえ!」と河本風に叫んで逃げなさい。

婚活アプリ omiai 初対面 アラフォー 女子

 

と、話は脱線したが、これほど熱弁したわりには平日夜に飲みの約束をした私。

後で考えると週末ランチにしていたら彼の見え方も変わっていたのかなと思う。

 

さて初対面の印象は??婚活アプリで一番ドキドキする瞬間!

それがね、
意外にも良かったの。

 

細身パンツに細身ジャケット、

高身長が着こなす細身シルエットはスタイルの良さが際立ち、遠目でもわかった。

  

お店は彼が予約していた。

「最近はもっぱらビール党!」

と伝えていた為、クラフトビールと炭火焼きの店だった。

彼も初めてのお店だったので、待ち合わせ前に来てお店のルートを確認したそうだ。

これは好ポイントではないかい??

 

暗すぎず、オシャレ過ぎず、店もよい。

店選びのセンスもいいね~。

ここで暗すぎたり、個室感やカウンターオンリーの店を選ぶような男だと、やたらボディタッチを増やしてくる可能性があるから気をつけたいところ。

 

で、会話から得たピーターパンの追加情報!

彼の仕事は外資系のエンジニアだった。

エンジニアと言っても、SEじゃなく機械系のね。

つまり専門用語が飛び交うため、そこそこの英語力がいるわけだ。 婚活アプリ omiai 初対面 アラフォー ピーターパン中年

当然、海外志向が強い。

特にイギリスが大好き。

年に数回イギリスに渡り、向こうの友人たちと楽しんでいるそうだ。

 

年数回行ける旅行といえば、湯快リゾート程度の私にはキラキラして見えた。

 

かといって、さほど鼻につく感じもない。

 

はは~ん、

年収欄が非公開だったけれど、高所得の可能性あるな。。。

 

そこから、私の下心が少しづつ過剰妄想を始めた。

 

彼の方はといえば、楽しそうに海外やらの話をしている。

まんざらでもない様子だ。

 

「え??

もしかしてついに。

私にも春が来たの!?!?!?!」

 

その後、2時間ほど盛り上がってお店を出た。

 

帰り道、LINEがきた。

 

 

「とても楽しかったです。

また会いたいです。」

と。

 

 

キターーーっ!!!

心のなかでは織田裕二がガッツポーズをしていた。

 

しかしこの喜びも翌日、見事に打ちのめされるのわけだが・・・。

そのお話は次回に。

 

本日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました

❤ICHIKA❤

 

 はてなブックマークかポチっを恵んでくだされば泣いて喜びます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
人気ブログランキング

Copyright ©我ら、アラフォー婚活団 婚活弱者の逆転ブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー / お問い合わせ